会社を休眠後の年末調整手続きと源泉徴収票作成

合同会社 年末調整
広告

今年の10月末で会社を休眠にしたのですが、今年の最後の仕事として年末調整があります。

と言っても、年末調整は12月に会社に在籍している社員に対してすることなので、実際は年末調整の作業はしないっていうのがオチ。

 

やったことは源泉徴収票の作成です。

まず、7月~12月分の所得税徴収高計算書を作成しますがfreeeで自動で計算してくれたのを書き写すだけ。

基本給が12万2千円に下げてあったので、所得税はかかりません。

だから7月~12月の所得税は0円です。

所得税徴収高計算書に0円って書き1月20日までに税務署に提出します。

 

次は年末調整の作業。

源泉徴収票をfreeeで作成しましたが、提出不要っていうメッセージが出ていました。

年間の給与所得が157万なので提出不要なんだと思いますが、不安なので提出する方向で作業します。

給与支払報告書(総括表、個別表)源泉徴収票をPDFにして印刷。

そして、法定調書合計表にfreeeの画面から転写。1月~6月に支払った所得税額が5,580円あるので、それを書きます。

書類の作成はこれで終了。あとは期日までに提出。

 

まとめると

税務署に1月20日までに提出する書類

  • 法定調書合計表
  • 所得税徴収高計算書
  • 源泉徴収票

市区町村に2月1日までに提出する書類

  • 給与支払報告書(総括表)
  • 給与支払報告書(個人別明細書)2枚

になります。

 

 

行くの面倒だから郵送しよっと。

今回は年末調整をしていません。だから、1月15日からの確定申告で自分でいろんな控除を打ち込んで所得税の計算をして、還付されるのか、更に払うのか、の確定を申告することになります。

 

 

コメント